講師 EAT承認講師(フランスの芸術的国家レベルを保証するディプロマ) ソリスト 荒瀬 結記子

03年Osaka prix バレエコンクール第3位受賞。
03年こうべ全国洋舞コンクール第5位受賞。
04年こうべ全国洋舞コンクール第3位受賞。

07年ABT CA サマーインテンシブ留学。
08年ワシントン スクール オブ バレエ サマーインテンシブ留学。
09年 カンヌ・ロゼラハイタワー バレエスクール留学。

10年12月カンヌ・ロゼラハイタワーバレエ学校付属ジュニアカンパニー
“Cannes Jeune Ballet(カンヌ ジュヌ バレエ)”のメンバーに選抜される。
以降、2012年7月まで“Cannes Jeune Ballet”のニース、パリ、ジェノバ(イタリア)等の
公演に選抜され様々な作品を踊る。

11年ディプロマ、フランスの定める技術的・芸術的国家レベルを保証する
EAT(L'Examen d'Aptitude Technique)を
クラシックバレエ・コンテンポラリーダンスの両部門において取得。

また、Davide Bombana(ダビデ・ボンバナ)作品"Petite Symphonie"のダンサーに選ばれる。
11年後半からは同作品のパ・ド・トロワの他、Bruno Roque(ブルーノ・ローク)、
Julien Ficely(ジュリアン・フィセリー)、Anton Zvir(アントン・ズヴィル)等、
様々な振付家に選ばれ、作品の主要なパートを踊る。

12年モナコ・モンテカルロバレエ団にて、
数回に亘って振付家・Jean Christophe Maillot(ジャン・クリストフ・マイヨー)の指導を受け、
マイヨー本人より、新作"Lac"の黒鳥のVaを踊ることを許可される(CJBメンバーの内4人のみ)。

また、"ゼンツァーノの花祭り"のグラン・パ・ド・ドゥを、
元ハンブルグ・バレエ・プリンシパルの
Joelle Boulogne(ジョエル・ブローニュ)より指導され、高評価を受ける。

学期末、Tom van cauwenbergh(トム・ヴァン・コーウェンベルグ)の
クラシック・パ・ド・ドゥのクラスを、最も良い成績で修了する。

14年 ザ・バレコン大阪 第2位受賞、大阪市長賞受賞。
16年 第29回こうべ全国洋舞コンクール第3位受賞。